「ママ、トイレをきれいにしてくれてありがとう」


私が最近うれしかったこと、それはトイレ掃除をしていたら、子どもにお礼を言われたことです。

普段は子どもが学校に行っている間に家事を済ませてしまいますが、その日はちょうど学校がお休みの日。
いつものように洗濯物を干して、部屋を掃除した後に、トイレ掃除をしていたら、「ママ、いつもトイレをきれいにしてくれているの?」「トイレをきれいにしてくれてありがとう!」とお礼を言ってくれたのです。
私にとっては家の掃除もトイレ掃除も当たり前にこなしている家事の一つだったのですが、子どもにとってはトイレ掃除をしている母親の姿というものはめずらしかったようです。

トイレは汚れやすいし掃除もしづらいので、正直なところ好きな家事ではありませんが、子どもの「ありがとう」の一言で、明るい気持ちで掃除をすることができました。
そのおかげでいつもよりピカピカになった我が家のトイレ。
ふと気がつくと、子どもが近くでモジモジしています。
「どうしたの?」と聞くと、「このトイレ、使ってもいいの?」と遠慮している様子。
どうやら、私が一生懸命掃除している様子を見て、「自分がトイレを使って汚してしまったら申し訳ない」と幼心に思ったようです。

子どもの「ありがとう」も嬉しい一言でしたが、このように相手を気遣う心が育っているのも、親としては本当に嬉しく、心が温まるひとときでした。